木絆の家とは。

20代前半から建築業に携わり、
30代半ばで自分の家を建て、
40代で、自分たちが目指すモデルハウスを造りました。

よく「家は3回建ててようやく満足いくものが造れる」
と言いますが、自分自身も30代で建てた自宅には、
「もっとこうしておけばよかった。」という部分があちこちあります。

とにかく「冬は暖かく、夏は涼しい。」という快適な家であること。
そしてせっかく岡山県に住んでいるのですから、
県内産の木の香りがする健やかな家を造りたい。これが大前提です。

人生の、一番長く過ごす場所は、
自分自身や家族の「元気の源」となる場所です。

3回建てなくても、1回で満足度の高い家をご提案することが、
自分たちの役割だと考えております。

楽しんで家づくりを。

私の役割は
「お施主様が一番身近に相談できる相手であること」
だと考えています。

家づくりの過程では、土地探しから始まり、
「どんな間取りがよいか」「性能と金額がどれだけ違うのか」
「こんなこともできるか?」・・・など、知りたいことがたくさん出てきます。
その1 つ1 つをお施主様がネットで調べることもできるかもしれません。

でも、「知りたい情報を的確に出してくれる」相談役がいれば
かなりスムーズに物事が進むはず。
建築のことはもとよりできる限り税金や助成金、ローン、
色々な手続きについてもご返答ができるよう心掛けています。

仕事や育児で忙しいお施主様ともメールやLINE活用で
時間を気にせず気軽ご相談をさせて頂いています。
楽しい家づくりライフ、ご一緒に!

代表取締役/一級建築施工管理技士

守屋 安芳 Yasuyoshi Moriya

●倉敷市真備町出身 ●A型 ●趣味:サーフィン

几帳面で器用で口下手。
というのが自他ともに認める印象ではないでしょうか。
常に現場を大切に考え、集中して行動することが
重要と思っています。
派手なパフォーマンスや、営業トークが苦手という社長ですが、
その分「結果を現場でお返しする。」ということに徹しています。
お客様に喜んでいただけることが
この仕事をしていて、一番の喜びです。

一級建築士

守屋 知香 Chika Moriya

●兵庫県宝塚市出身 ●O型 ●趣味:カメラ

「常に前向きに・アクティブに」という気持ちで
公私ともに歩んできました。
建築業界は20年以上になりますが、つまずいたり、
悩んだ経験もたくさん。
でもそういう経験を乗り越えてこそ、
より良い仕事につながっていきます。
色々な立場のお施主様をサポートできるよう、
できる限り丁寧に対応させて頂こうと思っております。

渡部 Watanabe

無垢の素材が多い木絆の建物。お引渡し前後にはメンテナンスを担当しています。几帳面な性格を存分に発揮して丁寧かつ優しく住まいに接するよう心がけています。
また「完成見学会」をはじめモデルハウスの管理や「地鎮祭」「上棟式」の段取りもしています。
お客様が家づくりを存分に楽しんで頂けるよう縁の下の力持ちとして、たくさんの笑顔で対応させていただきます。

塩路 Shioji

家を建てるときには、素材選びや商品選択がたくさんあります。
とても楽しい作業ですが、コストバランスも検討も必要です。お客様の好みをお聞きしながらご提案したり、商品を探したり。また、ご相談の都度決定事項を書類にしてお伝えしています。
几帳面で丁寧な仕事を、温かい気持ちとともにお届けします。

 

”里家モデル” 対応スタッフ

茶屋町「くらしきセレクト14住宅博」では、土日祝を中心に色々なイベントをご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。
また、小さなお子様の見守り対応もしております。
個別相談会など長時間の場合もゆっくりとお話をしていただくよう心がけております。

 

井野川 Inokawa ~大工~

木絆の家を支える棟梁。
子どもや動物が大好きで、愛情いっぱいに家づくりにも取り組んでいます。
現場を訪れるお施主様とはついつい長話。お子さんたちとは一緒になって遊ぶことも。
仕事モードに入ったら、集中力と持ち前の身体能力を活かしてきっちりと心をこめて仕上げます。

契約までの流れ

まずは、モデルハウス「里家」にお越しください。
イベント日は予約不要ですが、
それ以外の日は土日でも
当サイトかお電話にて、
ご予約をお願い致します。

次に、お客様の状況やご希望にあわせて

  • 土地のご紹介
  • 建築相談
  • 見学会へのご案内
  • メール相談

をさせて頂きます。

家づくりを「木絆に任せよう」と
思って頂けましたら・・・

  • 詳細打ち合わせ↓
  • プラン作成↓
  • 見積作成↓
  • 工事ご契約

と進みます