18

庭のシンボルツリーにクワガタが遊びに来るようなのどかな場所。
1つ1つを丁寧に選んだこだわりの渋め和モダン住宅が完成しました。
無垢材のキッチンは、落ち着いた色合いにまとめたリビングに
すっと溶け込みます。慌ただしく料理をしなければならない日でも、
一呼吸してから始められそうです。
「ここは何cmにしてください」「ここにはこれを置きたいのですが」
そんなご要望にお応えしながら出来上がった収納。
置きたい場所に置きたいものを置ける。そんな小さな喜びは
心地よい毎日への第一歩です。
和室はなんと炉を切ってあるので茶室にもなります。
1人でお茶を立てて静かに自分と向き合う時間をつくったり、
将来お子さんの手が離れた時に茶道教室をひらいたりできそうです。
キッチンから見えるパントリーは柄物の壁紙を、
トイレの床は遊び心のあるたたみ柄を。そして、玄関には印象的な
ニッチを施しています。「ただいま」とドアを開くとニッチに飾られた
季節の花と家族写真が出迎えてくれます。

17

45坪のコンパクトな敷地に子育て世代の憧れをつめ込みました。
1階は無垢の木をたっぷりと使用。
裸足で過ごしたり寝転がったりと心地よい空間は家族の憩いの場に。
また、家事導線を意識した間取りは毎日の慌ただしさに「少し」の
ゆとりをもたらしてくれます。その「少し」が働くご夫婦にとって
お子さんや自分に手をかけられる大切な時間になります。
2階はコストを抑えながらも5帖のオーディオルームを完備しました。
平日の夜に仕事の疲れを癒したり、休日にはお子さんと、そして時にはご夫婦で特別な時間を過ごしたりと楽しみ方は無限大です。
外観は和瓦、和室には床の間をつけ和モダンで落ち着いた雰囲気にまとめました。
奥様の好きなグリーンで統一した寝室・トイレ・洗面脱衣所は、和モダンとも相性抜群です。
働き盛りな今も、年齢を重ねていっても居心地の良い住まいになりました。

16

木材が持つ調湿機能に加え、断熱材もしっかりと使い、
外の気温に左右されない心地よい住まいを目指しました。
寝室のガラスは「アルゴンガス入り」にグレードアップ。
夏は日射熱を遮断し、冬は暖房の熱が外に逃げていくのを防ぎます。
家の中心にキッチンを置くことにより、玄関~廊下~キッチン、
キッチン~2階への階段、キッチン~洗面・お風呂・トイレと
効率の良い家事導線に。
リビングのスタディブースはゆったりとスペースをとりました。
お子さんが勉強道具を広げた横でご主人や奥様も別の作業ができます。
また、PC画面を2台置けるよう机をL字型にしました。些細なこだわりが
”暮らしやすさ”につながります。
快適な住空間で過ごす日々は心にゆとりをもたせ、
いつも優しい時間が流れていることでしょう。

15

周囲の自然と調和し、ゆったりとした時間が流れる家。
庭に面した窓を開け放てば、ウッドデッキ~LDK~和室と
ひと続きになった空間は緑の香りに包まれます。
解放感のあるDKには壁面カウンターがあり、親戚が集まったり
パーティーをひらいたりした際に活躍します。
見学会で一目見た時から気に入っていただいていた
「色ガラス」を玄関に採用しました。
お気に入りのガラスを通したやさしい光が家族やお客様を迎えます。
玄関からは和室に直結する導線があり、お客様に上質なおもてなしができます。
庭では自家農園ができるくらいの広いスペースがあります。
娘さん達とそこで野菜を育て、採れたての食材で
料理をするのが奥様の楽しみです。
自然と共に暮らす。体も心もすこやかに過ごせる場所がここにあります。

14

コンパクトで質の良い家が完成しました。

1階は床・柱・カウンター・テーブルとふんだんに桧を使っています。テーブルは桧好きのご主人がリクエストし、棟梁が作ったもの。節のない綺麗な一枚ものの板なので存在感は抜群です。大好きな素材に囲まれて、大好きな家族と過ごせる、こんな贅沢な空間は他にはありません。

小さいながらも床の間のある和室を作りました。大切なお客様が来られた際はきちんとおもてなしができます。また、和室はリビング横に配置していますのでお昼寝しているお子さんを見守りながら家事ができます。

2階の床材は桜です。色のばらつきや節があるラスティックフローリングを採用しました。素朴な風合いが魅力の床材でそれぞれの部屋を個性的に仕上げました。

自然素材を大切にした優しい住まいでの日々が始まります。

13

和のテイストを現代的な感性で進化させた、スタイリッシュで快適な住まいです。

焼板調の外壁に、赤い塗り壁が印象的な外観。

和室の市松模様の襖と、赤い建具。

優しい木の空間を大事にしながら、目を惹くデザインを取り込む和モダン空間となっています。

脱衣所からユーティリティー、物干し場へと一直線につながり、家事も合理的に。

収納も、必要な場所へたっぷりと確保されています。モノのないすっきりとした住空間を保ちつつ、必要な時にはさっと取り出せるため、

快適・便利に暮らせます。

オシャレな空間で、暮らしやすい住まい、、、。

子供たちを囲み家族で過ごす時間が、温かい時間となりますように。

12

坪庭のあるモダン町屋

大人の和モダン住宅

坪庭を取り囲み、四季の移ろいを感じる癒しの暮らし。

料理や食事をしながら、うたた寝をしながら…眺める坪庭は、夫婦2人の暮らしをより豊かなものにしてくれそうです。

8帖のゆったりとした和室は、将来は1階だけで過ごせるように設計。

和室の地窓から眺める坪庭は、昔懐かしい日本の風情を感じさせます。

深い紫色をテーマカラーとし、リビングのアクセントウォール、玄関の門柱を染め、渋い和モダンの印象に。

シンプルながらも、随所に和の趣を感じる素材を施しました。

現代的な和の風情を感じさせる、大人の和モダン空間となっています。

11

自然の恵みを活かし、夫婦二人が住まうのにちょうど良い、ちょっと贅沢な平屋住宅です。

 

リビングの前に設けられたウッドデッキは、深い庇を備えた特等席。夏は木陰、冬は陽だまりのような気持ちよさを楽しめる、第二のリビング。

 

大きな木製の掃きだし窓から眺める、四季折々の樹木と花々は、まさに、住まう人の心に癒しをもたらします♪

 

高低差を設計した天井高は、安らぎと開放感を演出。落ち着いた照明も加わり、リゾートホテルにいるような感覚に♪

 

外から家に戻ると、安らぎと癒しが待っている毎日・・・。

 

 

 

10

自然と調和する深庇のある家

和の空間とアクセントカラー

大きくて深い庇が印象的な家。夏は日差しを遮り、冬は陽だまりをつくります。庇の下に洗濯物を干しておけば、小雨程度なら防げます。家族団欒の場所になるだけでなく、家事の手助けとしても大活躍。

キッチンは黄色、浴室の壁は赤色、トイレの壁紙は花柄……と

和モダン空間でありながら遊べるところは遊びました!!

お施主様お気に入りの黄色いキッチン。仕事から帰ってキッチンに立っても、元気にお料理ができそうです。

外部収納、土間収納、リビング横に収納、階段下収納、パントリー、などとにかく収納が沢山。頻繁に片付けをしなくても家をすっきりさせておくことができます。

ご夫婦共働きなので家事に取られる時間を少しでも少なく、

少しでも楽しく♪♪

休日は縁側でのんびりした家族時間を。

9

ゆったり家事導線の家

ママスペースとツイン洗面化粧台

「家族みんなで家づくりがしたい」というお施主様の想いから、
家の周りに家族で木を植える植樹祭をしたり、土間にビー玉を埋め込む作業をしたりしました。建築中も何度も足を運んでくださって、娘さん達は大工の棟梁とすっかり仲良しに。家づくりを通して家族の絆を深められている姿が印象的でした。
奥様と娘さん達が生活しやすいように、と考えられた女性の憧れがいっぱいつまった家が完成しました。リビングには大きな窓があり沢山の光を取り込むだけではなく、料理をしながら景色を眺めることができます。娘さんと一緒に料理がしたいという奥様のご希望でキッチンスペースを広く取りました。そしてその横にはママスペース。自分だけの空間が少しあるだけで生活に楽しみが生まれます。また、身支度がスムーズにできるようにと洗面化粧台を2つ設置。
「今日はどんな髪型にする?」姉妹の可愛らしい会話が聞こえてくるようです。