014

コンパクトで質の良い家が完成しました。

1階は床・柱・カウンター・テーブルとふんだんに桧を使っています。テーブルは桧好きのご主人がリクエストし、棟梁が作ったもの。節のない綺麗な一枚ものの板なので存在感は抜群です。大好きな素材に囲まれて、大好きな家族と過ごせる、こんな贅沢な空間は他にはありません。

小さいながらも床の間のある和室を作りました。大切なお客様が来られた際はきちんとおもてなしができます。また、和室はリビング横に配置していますのでお昼寝しているお子さんを見守りながら家事ができます。

2階の床材は桜です。色のばらつきや節があるラスティックフローリングを採用しました。素朴な風合いが魅力の床材でそれぞれの部屋を個性的に仕上げました。

自然素材を大切にした優しい住まいでの日々が始まります。

013

和のテイストを現代的な感性で進化させた、スタイリッシュで快適な住まいです。

焼板調の外壁に、赤い塗り壁が印象的な外観。

和室の市松模様の襖と、赤い建具。

優しい木の空間を大事にしながら、目を惹くデザインを取り込む和モダン空間となっています。

脱衣所からユーティリティー、物干し場へと一直線につながり、家事も合理的に。

収納も、必要な場所へたっぷりと確保されています。モノのないすっきりとした住空間を保ちつつ、必要な時にはさっと取り出せるため、

快適・便利に暮らせます。

オシャレな空間で、暮らしやすい住まい、、、。

子供たちを囲み家族で過ごす時間が、温かい時間となりますように。

012

坪庭のあるモダン町屋

大人の和モダン住宅

坪庭を取り囲み、四季の移ろいを感じる癒しの暮らし。

料理や食事をしながら、うたた寝をしながら…眺める坪庭は、夫婦2人の暮らしをより豊かなものにしてくれそうです。

8帖のゆったりとした和室は、将来は1階だけで過ごせるように設計。

和室の地窓から眺める坪庭は、昔懐かしい日本の風情を感じさせます。

深い紫色をテーマカラーとし、リビングのアクセントウォール、玄関の門柱を染め、渋い和モダンの印象に。

シンプルながらも、随所に和の趣を感じる素材を施しました。

現代的な和の風情を感じさせる、大人の和モダン空間となっています。

011

自然の恵みを活かし、夫婦二人が住まうのにちょうど良い、ちょっと贅沢な平屋住宅です。

 

リビングの前に設けられたウッドデッキは、深い庇を備えた特等席。夏は木陰、冬は陽だまりのような気持ちよさを楽しめる、第二のリビング。

 

大きな木製の掃きだし窓から眺める、四季折々の樹木と花々は、まさに、住まう人の心に癒しをもたらします♪

 

高低差を設計した天井高は、安らぎと開放感を演出。落ち着いた照明も加わり、リゾートホテルにいるような感覚に♪

 

外から家に戻ると、安らぎと癒しが待っている毎日・・・。

 

 

 

010

自然と調和する深庇のある家

和の空間とアクセントカラー

大きくて深い庇が印象的な家。夏は日差しを遮り、冬は陽だまりをつくります。庇の下に洗濯物を干しておけば、小雨程度なら防げます。家族団欒の場所になるだけでなく、家事の手助けとしても大活躍。

キッチンは黄色、浴室の壁は赤色、トイレの壁紙は花柄……と

和モダン空間でありながら遊べるところは遊びました!!

お施主様お気に入りの黄色いキッチン。仕事から帰ってキッチンに立っても、元気にお料理ができそうです。

外部収納、土間収納、リビング横に収納、階段下収納、パントリー、などとにかく収納が沢山。頻繁に片付けをしなくても家をすっきりさせておくことができます。

ご夫婦共働きなので家事に取られる時間を少しでも少なく、

少しでも楽しく♪♪

休日は縁側でのんびりした家族時間を。

009

ゆったり家事導線の家

ママスペースとツイン洗面化粧台

「家族みんなで家づくりがしたい」というお施主様の想いから、
家の周りに家族で木を植える植樹祭をしたり、土間にビー玉を埋め込む作業をしたりしました。建築中も何度も足を運んでくださって、娘さん達は大工の棟梁とすっかり仲良しに。家づくりを通して家族の絆を深められている姿が印象的でした。
奥様と娘さん達が生活しやすいように、と考えられた女性の憧れがいっぱいつまった家が完成しました。リビングには大きな窓があり沢山の光を取り込むだけではなく、料理をしながら景色を眺めることができます。娘さんと一緒に料理がしたいという奥様のご希望でキッチンスペースを広く取りました。そしてその横にはママスペース。自分だけの空間が少しあるだけで生活に楽しみが生まれます。また、身支度がスムーズにできるようにと洗面化粧台を2つ設置。
「今日はどんな髪型にする?」姉妹の可愛らしい会話が聞こえてくるようです。

008

素材の活きる和モダン住宅

自然素材と和のしつらえが美しい空間

モデルハウスに来られた際に気に入ってくださったということで、

同じフローリングを採用。岡山県産地松の幅広フローリングです。

思わずお子さんが裸足で駆け回りたくなるような心地よさ。毎日触れる足元が県内産のものだと安心しますね。

塗り壁や襖に【朱色】を選び、部分的に取り入れた和モダンのしつらえを印象的に。

シンプルな空間も、仕上げの素材を愉しむことでオリジナルな和モダン住宅になります。

007

坪庭のある大正モダンの家

大正ロマン調に色づけした空間

モデルハウス「まちや」を見学していただき、
坪庭のある優しい木の家を気に入ってくださいました。
さらにお施主さまからの「大正モダンなテイストを入れたい」
というご希望を入れて完成した住宅です。
色ガラスをふんだんに使ったオリジナル建具や、
アンティーク調タイル、塗り壁、ダメージ仕上げの床材など
おしゃれな素材がみごとに調和しています。
また広めの家事室や廊下を利用したワークスペースがあり
使い勝手も重視した素敵な住まいです。

006

坪庭を囲む和の棲家

32坪のほっこり癒しを感じる住まい

モデルハウス”まちや”を見て
「これと同じ家が欲しい!」と直感で決めてくださったお施主様。
随所に和の要素を取り入れながら木の質感を活かした住まいづくりを始めました。
北道路・北リビングという採光に不利な条件はリビング階段や坪庭、天窓からの光を確保して十分な明るさに。南側のリビング階段からも陽が射し込みます。
建具はすべて職人による手づくりで、和モダンテイストに趣を添えています。
”旅館のような風情”を感じる玄関は、檜の縁側と、ご主人こだわりの坪庭を眺める窓、洗い出しの土間で癒しの空間に。
仲良し家族の絆が深まる住まいが完成しました。

005

自然素材のやさしさに包まれる家

ほっとくつろぐあたたかみのある空間

「木絆」のモデルハウスを見学し、シンプルながらあたたかみある和モダンの佇まいに惹かれ、弊社での建築を考えてくださいました。
ご夫婦のご希望は木の質感を活かしながら、さらに自分たちの暮らしに合わせた住みやすい家。共働きで小さいお子さんのおられるご夫婦。いかに家事導線をシンプルにするか、必要なものが必要な場所に収納できるか、という点がポイントです。
また木の質感は、あらわしの柱にひのき、床材はバーチ無垢材を使い、しつこくない程度のテイストに。壁にはやや落ち着いた色の珪藻土を採用。自然素材のやさしい空気感に包まれて過ごしていただける空間となりました。