01

ワンコと暮らす、
吹抜けあったか木の家

倉敷市のK様邸。
お施主様ご夫婦にお話をお聞きしました。

守屋「K様邸はとても大きな吹抜けがあります。
設計段階でも、この空間をどうしようかと色々悩みましたよね。」

ご主人「そうですね。でも冬はエアコンと、補助暖房を付けておけば、リビングと吹抜けまで全部が温まります。ただ、暖房を消すと、やはり気流が起って冷たい空気が流れますが、生活上気にはなりません。」

守屋「それは安心しました。この家の中で気に入っている箇所はどんなところでしょうか?」

奥様「窓が大きいのでLDKがとても明るいということと、リビングの天井が気に入っています。自分たちで塗装した想い出もありますし。」

守屋「そうでしたね、天井材はシナベニヤというそんなに高くない(笑)材料ですが、良い雰囲気が出ていますよね。」

奥様「あと、間取りを小さくしたため、対面キッチンにはできなかったのですが、リビングとの間に収納ハッチを造ったのが良かったです。」

ご主人「キッチンの目隠しにもなりますしね。」

守屋「では、住んでみて、こうしておけば良かったなぁと思われる箇所はありませんか?」

ご主人「LDKの大きな掃き出し窓にシャッターを付けておけば良かったかなぁと。寒さ対策になったかなと思います。当時は予算を考えて断

念したんですが。」

守屋「大きな窓は明るくて開放的ですが、やはりそういうデメリットもありますね。」

奥様「それから、今は室内犬がいるので、杉の床板がすごく傷ついてしまいました。当時はそこまで考えていなかったけど、もう少し硬い木にすればよかったかな、と思います。」

守屋「杉の板は暖かみがあって喜ばれるのですが、反面柔らかい木なので、傷はついてしまいますね…。」

ご主人「実家が鉄骨造なのですが、やはり木の家は、木が動くので、クロスの割れが気になる箇所が出てきました。でもまあそれが木の家に住む、ということなんだろうな、と。」

守屋「そうですね、クロスは色々ご指摘があって、メーカーも現在新しく伸縮性のある商品を開発中ですが、まだ満足できるものが出ていません。 今後の課題事項です、有難うございます。」

守屋「K様との出会いは、ご実家のトイレリフォームのお話からでしたね。 インターネットで調べて頂いたんでしたね。

ご主人「そうです、実家の近くでどこかないかな、と調べて連絡しました。 手始めにトイレからでしたが、その後実家の色々なリフォームも視野に入れて、検討しました。」

守屋「弊社を選んで頂いた決め手はどういうところでしょうか。」

ご主人「リフォームの話は実家の母が中心に進めることになるので、女性の担当者の方がいいなと思っていました。男性の営業や、大工さんだと、母が意見が言えず、相談しにくいかな、と。」

守屋「ご実家のトイレリフォームのあと、ご自身の新築のご依頼を頂くことになったのですが、その時は他のハウスメーカーやビルダーなどの候補は…。」

ご主人「ハウスメーカーでは決まったものしか造れない、と思っていました。自分の意見を色々取り入れたかったので、まずハウスメーカーは視野にありませんでしたね。」

守屋「工務店の中で弊社を選んで頂いた理由はどんなところでしょうか」

ご主人「実家のトイレリフォームの時の印象で決めました。ご主人(社長)は、とても真面目でこの人なら任せられる、と。」

奥様「ほんとにご主人(社長)は、人が良くて、工事を任せて安心だと思いました。また守屋さんは、女性同士ということもあって、とても話しやすくて、好きです!(笑)」

守屋「有難うございます!主人(社長)が聞いたら泣いて喜びます。」

ご主人「家造りは色々なことを検討して実現していったのでほぼ100%満足しています。」

守屋「本当に有難うございます。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。」