絆を深める家造り 株式会社 木絆

086-435-2876

BLOG

木絆のご相談・設計担当建築士 守屋知香の「和モダン」ブログ

守屋知香の「和モダン」ブログ

BLOG

木の家、寿命は、1300年!?

木絆DAILY

木絆の一級「ご相談」建築士、
守屋知香です。


「木造の家」と言うと、

たまに
不安に思われるお客様が
いらっしゃいます。


その理由は、

「木造の家は
 寿命が短い」

と思われているから。


ではなぜ、
木造の家は寿命が短いと
思われるようになったのでしょうか?


理由その1、

昭和の高度成長期に
質より量重視で
ずさんな木造住宅が
たくさん建てられたから。


理由その2、

街の再開発等によって
取り壊しが行われる家があったから。


理由その3、

木造の家の法定耐用年数が
22年と定められているから。

法定耐用年数は
建物の寿命を表す年数とではなく、
税務上の資産価値を表す数字です。


これらのことが原因で、
「木造の家は寿命が短い」
というイメージが
ついてしまったのでしょう。


でも本来、木造の家は
きちんとお手入れすれば
長く住むことができるのです。


その証拠として、


世界で一番古い木造建築、
法隆寺が建てられたのはなんと
1300年も前のこと。


木造だから、
すぐに傷んで
ダメになるわけではないのです。


木絆では、
構造設計にこだわり、
100年住宅をつくります。


あなたとご家族が
ずっと心地よくなごめる
和モダン住宅をつくります。


さて、
ホームページもリニューアルし、
はじめての家づくりメール講座も
スタートしました。


家を建てる際に重要な
お金、土地、業者選定について
全8回のメールでわかりやすく
お伝えしています。


もちろん無料ですので
ぜひご登録を。


特典動画
「3分でわかる和みの科学」
もプレゼント。


和モダン住宅を建てたい方には
特に役立つ内容です。


ご登録はこちら↓
はじめての家づくりメール講座


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。
それではまた今度。


株式会社 木絆(きずな)
倉敷市上富井522-1