絆を深める家造り 株式会社 木絆

086-435-2876

BLOG

木絆のご相談・設計担当建築士 守屋知香の「和モダン」ブログ

守屋知香の「和モダン」ブログ

BLOG

暖房費、節約大作戦!

木絆DAILY

岡山県倉敷市で
パッシブ和モダンの注文住宅を
手がけている工務店、木絆。


今回は、暖房費の節約について。


さて、連日ニュースで流れているように、
世界的な原油高が続いています。


それに伴い大手電力会社は
2021年10月下旬、12月の電気代も
値上げすると発表しました。
これで4カ月連続の値上げとなります。


そうしたなかで、
気がかりな報道がありました。


気象庁が11月10日、
ラニーニャ現象が発生している模様と
発表したことです。


なぜ、これが気がかりかといえば、
ラニーニャ現象は日本に厳しい冬を
もたらしやすいからです。


過去にこの現象が発生した冬は、
厳しい寒さに見舞われたり
大雪になったりした地域がありました。


気象庁の発表によると、
このラニーニャ現象は冬の終わりまで
続く可能性の方が高いとか。


この冬も厳しい寒さになる
可能性が高そうです。


電気代が上がっているところに
厳しい寒さとなると、
暖房費が家計を圧迫しそうで
心配ですね。


とはいえ、
節約したいからと寒いのを我慢して
暖房を使わずに体調を
崩してしまっては本末転倒です。


家計が厳しい局面であっても、
体調管理をしっかりして
上手に寒さを乗り切りたいものです。


そのためにはまず、
外からの冷気をカットする
環境を作りましょう。


厚手のカーテンや
断熱カーテンなどがあると理想的です。


それ以外のカーテンであっても、
カーテンの裾は床につく長さとし、
窓の外からの冷気を入れないように、
室内の暖気を逃さないようにしましょう。


夕方、日が落ちてきたら
早めに雨戸やカーテンを
閉めることも重要です。


なお、冷気は窓からだけ
入ってくるわけではありません。


1階の部屋では、
床からの冷気にも
気をつけたいところです。


1階でコタツや
ホットカーペットを使っている場合は、
コタツの敷布団やホットカーペットの下に
断熱シートや段ボールを敷くと効果的です。


いずれの場合も
敷布団などの下になるので、
段ボールなどで見栄えが
悪くなることもありません。


この方法は手軽なうえ、
その点でもおすすめです。


また、空気は暖められると上昇するので、
暖かい空気は室内の上にたまります。


ですので、
エアコンなどをつけているときは、
室内の上にたまった暖気を
上手に生かしたいもの。


ここで力を発揮するのが
じつは扇風機です。
できるだけ上の方に向けて
運転させましょう。


天井近くにたまっている暖気めがけて
風を送り込むことで、
暖気を循環させることが
可能になります。


繰り返しになりますが、
暖房費を節約すると言っても
寒さを我慢して体調を
崩してしまっては意味がありません。


そうではなくて、
今回ご紹介したような方法を取り入れ、
ちゃんと暖を取りましょう。


こうしたひと手間を取り入れるだけでも
暖房にかかる電気代などを
グッと抑えることができます。
ぜひお試しください。


さて、
木絆のYouTubeチャンネルですが


最新の動画は、
建具工事の前編。


インテリアの要となる
造作建具ができるまでを
現場映像たっぷりで
お伝えしています。


木絆がデザインした
建具もご紹介していますので
ぜひ、ご覧になってみてください。


【注文住宅】家づくりの流れ
動画再生リストは、こちら。


また、インスタグラムでも
木絆の家をコンスタントに
配信しています。


ご興味があればぜひこちら
チェックしてみてください。


あと、
全面リニューアルした
家づくりメール講座にも
ご登録を。


意外と誰も教えてくれない
「収納」や「洗濯動線」など、
家事ラクの和みの家にするのに
欠かせないプロのワザを


全3回のメールでわかりやすく
お伝えしています。


ご登録いただきますと、
特典動画「建築士 守屋の自邸づくり、
3つのこだわり」
をプレゼント。


ご登録はこちら、
家づくりメール講座


メール講座が終わった後は、


週に一度のペースで
家づくりに関してのお悩みや疑問に
お答えしていくメールマガジンを
お送りいたします。


題して、
週刊きずな通信。


私が日々感じたことや考えたこと。


施工例でご紹介した家がどのように
できあがっていったのかというお話。


そして、きずな倶楽部の活動報告。


あとは、木絆のメンバーのことや


ちょっとプライベートなことなども
お伝えできたらなと思っています。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。
それではまた今度。


株式会社 木絆(きずな)
倉敷市上富井522-1